リクル・マイ嬢、再びヘヴンに

SHE IS "THE" FUJI ROCK!


民族系に近い音から始まった。ここはフィールド・オブ・ヘヴン、当然こういうのもアリだ。しかしその後には、お得意のレゲエ・サウンドや、ベースの低音やスネアの残響音を駆使したダビーな曲で、「やっぱりリクル・マイ嬢はこうでなくっちゃ!」と思わせる展開に。音も、客入りも、人が幸せな気分になれる程度に適度に空間にすき間を残しており、カラッと晴れた天候と相まって最高の舞台を実現させていた。自然発生的にお客さん側からシャボン玉が舞い、これぞヘヴン、これぞフジロックという感じである。


 DRY & HEAVYが最後にここヘヴンで演ったのはいつだっただろう。彼らは最終的にグリーン・ステージで演奏するまでになり、それはそれで痛快だったのだが、こうやってリクル・マイがここの場所で幸せそうに歌う姿を見ると、やっぱりヘヴンこそが彼女にとっての(彼らにとっての)故郷ともいうべき場所なんだなと改めて思う。誰もが最前列に詰め掛けてぎゅうぎゅうもみくちゃになる熱狂ライヴもいいが、音楽には色々な楽しみ方があるということを教えてくれるのがこの場所であり、D & Hであり、リクル・マイ嬢だ。今年もハッピーな気分にさせてもらいました。ジスイズフジロック、シーイズ「ザ」フジロック!!





Reported by joe (2006.08.29 / 04:28)
 

NIGHTMARES ON WAX SOUND SYSTEM
(2006.08.31 / 12:19:42 /RED MARQUEE)

Snow Patrol:
(2006.08.29 / 11:56:35 /GREEN STAGE)

The Super Furry Animals:
(2006.08.29 / 11:47:41 /WHITE STAGE)

Nightmares On Wax Sound System:
(2006.08.29 / 11:32:35 /RED MARQUEE)

Support your local Fuji Riders
(2006.08.29 / 11:24:52 /OTHER)

Eddie Egals Fire Shower
(2006.08.29 / 11:17:25 /POW)

Joe Strummer, RIP
(2006.08.29 / 11:10:24 /POW)

Collect 'em all!
(2006.08.29 / 11:05:31 /OTHER)

オレスカバンドに謝らなくっちゃ
(2006.08.29 / 04:52:52 /POW)

リクル・マイ嬢、再びヘヴンに
(2006.08.29 / 04:28:41 /FIELD OF HEAVEN)

大トリはSTOROKES!
(2006.08.29 / 04:12:32 /GREEN STAGE)

BEZ DJ SET
(2006.08.29 / 00:24:10 /RED MARQUEE)

キセル(Kicell)
(2006.08.29 / 00:21:09 /苗場食堂)

Super Furry Animals -Part 2-
(2006.08.29 / 00:18:29 /WHITE STAGE)

Super Furry Animals -Part 1-
(2006.08.29 / 00:16:37 /WHITE STAGE)