SAKEROCK

ホワイトステージだから白いスーツ?




 すこし雲は多かったものの、雨の天気予報をくつがえし見事に晴れた1日目。まだ誰も踏んでいないまっさらのホワイトステージにあがったバンドはそう、SAKEROCK! 集まったお客さんがうれしそうにハマケンが何を着てくるかを噂していたり、友達にSAKEROCKってね、なんて説明をしているのを聞いていると、このバンドの人気がとてもよくわかる。
 ベースの田中馨、ギターの星野弦、ドラムの伊藤大地がお揃いの真っ白いスーツで現れた。あたたかい拍手でステージに迎えられ、演奏がはじまる。その後に飛び込んでくるのが、トロンボーンの浜野謙太。ハマケンだ。
 会場がどっと湧く。すげぇな!すげぇな!とハマケンはいう。そこから見える客席の眺めはどうだったのだろう。サンボマスターの山口くんも去年そう言っていた。きっと爽快なものがあるのだろう。

 演奏が始まった。SAKEROCKはインストゥルメンタルバンド。ジャンルといわれるとなんといっていいのかわからない。古よき音楽のようでいて新しく、そしてはっとさせられるほど大人っぽく力強い瞬間があるのだ。ハマケンのトロンボーンが心地よく苗場の山に響きわたる。そして今、ここでいい音楽に身を揺らしていることがとても幸せに思えてくる。


 と思ったら、あれ? ハマケンなにを言うの? なにがかゆいって? 外人ってあまりいわないほうがいいんじゃない? しかし、そのあとにまたかっこいい音楽を彼らは奏でるのだから、仕方がない。またうっとりと聞いてしまう。その繰り返し。

 そのほかテポドンが飛んできてドーンっていう、説明ができないような漫談や、インストバンドのはずなのにハマケンの歌謡ショーのような場面もあり、40分間があっというまなライブをみせてくれた。今回で、ファンがSAKEROCKのライブを楽しみにする理由がよくわかったような気がする。





Reported by aizy (2006.08.13 / 13:48)
 

フジロック丸の船出だ!
(2006.09.02 / 01:37:30 /OTHER)

Kids rock
(2006.09.01 / 12:03:55 /OTHER)

The Kingtones:
(2006.09.01 / 11:48:07 /GREEN STAGE)

Birdy NamNam
(2006.08.31 / 14:01:16 /RED MARQUEE)

Donavon Frankenreiter
(2006.08.31 / 13:35:54 /WHITE STAGE)

OOIOO
(2006.08.31 / 12:46:00 /Orange Court)

NIGHTMARES ON WAX SOUND SYSTEM
(2006.08.31 / 12:19:42 /RED MARQUEE)

Scratch Perverts:
(2006.08.31 / 07:24:45 /RED MARQUEE)

Red Hot Chili Peppers:
(2006.08.31 / 07:05:06 /GREEN STAGE)

The String Cheese Incident 2:
(2006.08.29 / 12:08:40 /FIELD OF HEAVEN)

Snow Patrol:
(2006.08.29 / 11:56:35 /GREEN STAGE)

The Super Furry Animals:
(2006.08.29 / 11:47:41 /WHITE STAGE)

Nightmares On Wax Sound System:
(2006.08.29 / 11:32:35 /RED MARQUEE)

Support your local Fuji Riders
(2006.08.29 / 11:24:52 /OTHER)

Eddie Egals Fire Shower
(2006.08.29 / 11:17:25 /POW)