マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

渋さ知らズオーケストラ

圧巻。

 彼らほど、「祭り」の似合うバンドはいない。100人を超えるメンバーでステージに登場し、みんなの度肝を抜いた2003年@オレンジコートから比べれば、確かに規模は小さいものの、それでも20人以上からなるオーケストラに、お調子隊、舞踏、ダンサー、祭り気分を盛り上げる「えんやーとっと」の兄ちゃん(いつもの玄界灘ハッピを脱ぎ、今日は青白のフンドシ一丁という夏仕様で登場)も入れると、総勢30余名。さすがの貫禄で一気にテンションを高め、祭りの幕開けを飾ってくれた。

 「今日このライブを見れなかったやつらに、自慢できるようなライブをするからなあ!」ステージ上だけでは飽き足らず、客席へのダイブまでして見せたフンドシ兄ちゃんの、そんな言葉と共に幕を開けたステージは、途中「えんやーとっと」といつもの掛け声で盛り上げつつ、ノンストップでひたすら走り続ける。

 圧巻だったのは、ライブの終盤。白塗りの舞踏家ふたりが、ステージ脇にそびえるスピーカーの足場に上りだす。両スピーカーのてっぺんでは、白塗りふたりがたゆたい、その真ん中にすえられたステージでは、大オーケストラの真ん中に、さやかとペロのお馴染みセクシーダンサーズ。それらが織り成す、ライブやら演劇やらといったありきたりな言葉では言い表し難い圧巻のステージは、バックにそびえる青々とした大自然のキャンパスに描かれた、一枚の壮大過ぎる絵画を見ているかのような、不思議な感覚に溢れていた。


Reported by imakaz (2007.07.27 / 19:28)