マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

GOMA&JUNGLE RHYTHM SECTION

体を突き抜ける波動

 ディジュリドゥ・マスターGOMAのプロジェクトの中でもっとも躍れるバンドといわれるGOMA&JUNGLE RHYTHM SECTION(以下GJRS)。ディジュリドゥ+ドラム+パーカッション+パーカッション=ダンス! の方程式がフィールド・オブ・ヘブンにて証明された。

 開始時間ギリギリにヘブンに到着するや否や、ブォォンと地鳴りのような音が鳴り響く。急いでステージの方へと駆けつけると、道行く人も「何だ何だ?」といった様子で続々とステージの方へ集まってくる。
 デジュリドゥの大地を振動させるような音は圧倒的な力で空間を包み込み、人を黙らせる。いや、黙らせるというよりは頭が真っ白になって何も言えなくなると言ったほうが正しいかもしれない。しばらく続いたその静寂を一新するようにドラムのダンッと音が高く突き抜けた。ここからがGJRSの真骨頂だ。

 さっきまで息を呑んで見ていたオーディエンスのテンションは一気解放され、皆踊り始める。そのステップに合わせてカラカラに乾いたヘブンに土ぼこりが舞うがそんなのはおかまいなしだ。GOMAのディジュリドゥの先から波動が客席に放たれた波動は体に響き、波となって頭から突き抜ける。そうか、これが体を揺らす源なのか、と確信する。そこにドラム、パーカッションが加わることで横揺れの波動に縦揺れが加わる。飛び跳ねたくて仕方が無くなるのはこれだ。まるでラテンの国のクラブに来た気分だ。

 MCで「最高やね!」と言ったGOMAは眩しいくらいの笑顔見せながら、約3年前にGJRSを始めてからフジロックのヘブンのステージに立つことを目標として今までやってきたと語った。そしてその目標が叶った場にたくさんの人が居合わせたのだ。
 「みんなとの時間を共有できたことがほんま嬉しい!」と言い、何度も何度も「ほんまにありがとう!みんなも夢を叶えてくれ!」と熱い言葉を残しながらGJRSはステージを後にした。GOMAの真っすぐで純粋な熱をいつまでも忘れずにいたい。


Reported by nazu (2007.07.27 / 22:57)