マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

MUSE

ぎゃーンってやってもっと激しくさ!!

 ミューズがとんでもないことになってる。ドラマチックであればあるほど良く、ナルシスティックであればあるほど燃える。こんなバンドに惹かれて早何年だろう、5年は経つだろうか。ファースト・アルバム『ショウビズ』をリリースした直後の評判といったら”レディオヘッドの二番煎じ”だったさ。それがどうだろう、世界平和を歌うより先に宇宙誕生の軌跡を歌い続け、彼らはステージングに強く魂を注いだ。このバンドのどこにレディオヘッドの影がチラつくだろうか。だけど、このブッ飛んだ感性がひとつの正解だったと言えると思う。各国フェスティバルで彼らの名はヘッドライナーを飾っている。

 彼らが凄いということはステージが始まる前から分かる。だって、ギターが10本どころか15本はあったのではないだろうか。そんなに使うの? と思っていたらほぼ全曲でギターを持ち替えて使っていたのだから凄い。そんなバンドは知る限り初めて。それに、ステージを映すモニターに加え楽曲ごとに用意された映像を映し出すプロジェクター・システムまであってとにかく派手、ゴージャス。ここまでくれば、開演を待つ観客から黄色い声が飛び交うのも無理は無い。ミューズはスターだった。

 セットリストはサード・アルバム以降のものが多く、ごつごつした重低音とノイズへ流麗なメロディー・ラインを乗せてファルセット・ヴォイスでキメるというスタイルを守りつつ、デビューのころに比べたら俄然線が太くなったというか、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンを彷彿させるヘヴィーな楽曲が多くを占めていた。そしてそのなかでも、誇らしげにピアノを弾き上げては自分に自分で花吹雪を舞わせる一場面があり、その姿が神々しく、こちらはエックス・ジャパンのYOSHIKIを彷彿させるものであった。
 最後の最後はステージの楽器という楽器を破壊して帰り、“New Born”、“Plug In Baby”など往年の楽曲で盛り上がったボクは、ミューズにはこれからも大いに大袈裟な道へ進んで行って欲しいものだと感じずにはいられなかった。あと、マシューのギター・ヒーローぶりに乾杯。


Reported by toddy (2007.07.27 / 23:42)