マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

THA BLUE HERB

正真正銘レッドマーキーのヘッドライナー

 「レッドマーキーのヘッドライナーを目指していくぜ!」

 電車内の音をサンプリングした“This `98”、エフェクトをかけられたドアの開く音の後、BOSSは登場。そして、冒頭の言葉をオーディエンスに宣言した。集まった人の数はこの日一番多く、それに正比例して上がる歓声も大きい。やはり、彼らこそメインイベント――そんな思いは核心に近づく。

 体験した人の多くが「アレは伝説だ」と語る2000年、深夜レッドマーキーを“煙に巻いた”2002年、そしてサードアルバムを引っさげて、今年。3度目となる登場、そして大入りの舞台ともあって、ステージ上のBOSSには「勝者」と呼べるような、自信に満ちた雰囲気すら漂わせている。リリックの要所要所で「フジロック」というキーワードを取り込み、観客との一体感を一切揺らがせないまま、その先へさらにさらに牽引していこうとする勢いが目に飛び込んできたり、マイク越しの声から伝わってくるのだ。

 “THE ALERT”“PHASE 3”など、北海道からの近況報告を力強く伝える傍ら、トラックがアップデートされた旧譜のリリックを改めてリマインドさせた。変わらない主張を続け、そして挑戦を止めない彼らのスタンスが、この夜を制覇する。「俺たちはこの日本の音楽業界を土足で制覇している最中だ!ついてこい!」というボスのメッセージに、共感か、あるいは興奮か、阿鼻叫喚の声が止まない。

 後半からメッセージを主軸にした楽曲で、体の温まったオーディエンスを一気に深く潜らせていく。“Tenderly”で、人の弱きとその支えの頼もしさを説き、追う者をさらに追う者達へステージ上から喚起を促す“Brother”を見舞い、“未来は俺らの手の中”のフックを叫ばせる頃には、おのずとフロアにたくさんの握りこぶしが上がった。レッドマーキーここに制覇なる、そんな景色であった。

 ステージの去り際、感謝の意思表明を忘れないBOSS。ついて来た同士だけに見せた満足げな表情は、回を追うごとに逞しさを備えているように感じた。


Reported by hagio (2007.07.28 / 14:47)