アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

FUJI ROCKなTシャツ:その4
(2007.08.23 / 22:25:22 /Gypsy Avalon)

朝霧JAMで会いましょう!
(2007.08.05 / 20:33:56 /Gypsy Avalon)

音楽よりも環境問題
(2007.08.05 / 13:37:57 /Gypsy Avalon)

黄金の手
(2007.08.01 / 22:12:41 /Gypsy Avalon)

SIBERIAN NEWSPAPER
(2007.08.01 / 21:58:04 /Gypsy Avalon)

黄金の手
(2007.08.01 / 20:28:31 /Gypsy Avalon)

YoLeYoLe
(2007.08.01 / 16:57:42 /Gypsy Avalon)

bobin
(2007.08.01 / 01:46:57 /Gypsy Avalon)

monocism with 沼澤尚
(2007.07.29 / 22:14:38 /Gypsy Avalon)

JONAH MATRANGA
(2007.07.29 / 22:13:25 /Gypsy Avalon)

SIBERIAN NEWSPAPER
(2007.07.29 / 20:32:38 /Gypsy Avalon)

【NGOヴィレッジ】MAKE SOME NOISE
(2007.07.29 / 20:19:24 /Gypsy Avalon)

FUJI ROCKサンダル!?
(2007.07.29 / 19:06:39 /Gypsy Avalon)

フジメシュラン〜もう一つの豚肉編〜
(2007.07.29 / 18:43:38 /Gypsy Avalon)

【NGOヴィレッジ】MAKE SOME NOISE

紛争・人権問題への接し方をよく考える

 「MAKE SOME NOISE」ブースではその名のとおり「MAKE SOME NOISE」というCDのアピールを行なっていた。そもそもこのCDはアムネスティー・インターナショナルの活動に賛同し、以前ジョン・レノンの「イマジン」を提供したことでも知られるヨーコ・オノが協力してできあがったジョン・レノンのナンバーをカバーしたアルバム。そのカバーした面々もフジ・ロック1日目のヘッド・ラインを飾ったザ・キュアーのロバート・スミスなど超豪華。このCDの販売を通し、現在世界的にも問題になっている紛争ならびに人権侵害が起きている、アフリカはスーダンのダルフール地方の問題を考えようということだ。

 日本から遠く離れた地域ではあるが、ダルフールという名前が有名なことはこの紛争がゆえのことであると考えると、実際にこの問題に直面している人にとっては個々の生活そのものがこの問題の枠組みの中に入ってしまうのも容易に見て取れる。現在までに20万人とも30万人とも言われているこの紛争による死亡者数を直面できるほど自分に肝は据わっていない。そんなちっぽけな自分ができることは、まず知ること。程度は問わない。まず知る。そのきっかけとしてこのブースの意義や立場を理解した。

 話を戻そう。CDの売り上げの具体的なは多岐に及ぶということだが、現在は情報収集やたくさんの署名を得てそれをスーダンのバシール大統領にアピールしようという活動のために使われており、難民への支援活動のような直接的かつ物理的な活動は難しくて行なわれていない。だが、今後も出来る範囲を広げてこの問題に取り組んでいくと熱く語ってくれた。また、スーダンだけでなく紛争により発生した難民が隣国のチャドにも流れているのでそれについても関わっていくとのことだ。

 昨年もこのNGOヴィレッジに出展し、武器規制を求める署名活動を行なった。その結果、フジ・ロック開催期間だけで約1000人の賛同署名を、全世界で合計約100万人の署名により国連へアピールを行なった。来年のフジ・ロックでこの1年の成果報告を聞けることを楽しみにしている。


Reported by komo (2007.07.29 / 20:19)