マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

toe

雨さえもがファンタジックに

 ホワイトステージに向かう道すがら、幻想的なギターのインストがところ天国エリアに響き渡るのを聞いた。toeがサウンドチェックをしているのである。会場にたどり着けば、すでに会場は大変な人だかりだった。

 toeのメンバーのステージ配置は変わっている。客席から見て左にドラムがあり、ドラムをドグマにしてギター、ベース、キーボードが全て客席に向かって横向きになりながらドラムと対峙している。ちょっとよその家をのぞき見しているような不思議な感覚になるのだ。この日のステージ上には何故か、キーボード脇に譜面台も置いてあった。

 ほぼスタート時間ちょうどにメンバーが現れたのだが、一緒にクラムボンのミトが登場。ギターの山嵜がミトの肩を「よろしく!」という感じでポンと叩き、メンバー全員が所定の位置につくと、一曲目の“グッドバイ”がほんの数音弾き始められただけで、会場から歓声が上がる。ギターの山嵜は照れ隠しなのか、MCではおどけてみたりメンバーに下ネタを振ったりしているが、いったん演奏が始まれば目を瞑り、鳴らされる音は透明感を増し、聴く者の胸に迫ってくる。ドラムもまるで司令塔のように曲をナビゲートしていく。

 toeは基本インストバンドなのだが、この日は嬉しい不意打ちがあった。ハスキング・ビーのトリビュート盤で競演した女性ボーカリストの土岐麻子が登場し、“グッドバイ”とトリビュート盤に収録されている“8.6”を競演したのだ。譜面台が置かれていた理由はこれだった。透明感のある彼女の声とtoeの演奏は繊細なバランスで溶け合っていて、ちょうど降り始めた雨さえもが不思議と会場の雰囲気をファンタジックにしているように見えたのだった。


Reported by jet-girl (2007.07.29 / 20:38)