マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:32:21 /OASIS AREA)

マクセルブースで電池を無料交換
(2008.07.27 / 12:30:36 /OASIS AREA)

陽気な時速制限
(2007.08.26 / 23:09:09 /OTHER)

夜に向けて特訓中
(2007.08.26 / 23:05:51 /FIELD OF HEAVEN)

アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

ここにも…。
(2007.08.26 / 22:44:54 /OTHER)

三上寛!
(2007.08.26 / 22:41:02 /NAEBA-SHOKUDO)

しばりつけられてる…。
(2007.08.26 / 22:34:42 /OTHER)

FUJI ROCKは終わらない。
(2007.08.26 / 22:29:42 /OTHER)

いい湯だな。
(2007.08.26 / 22:25:33 /OTHER)

スペル違ってます。
(2007.08.26 / 22:21:58 /OTHER)

もはや記念スポット
(2007.08.26 / 22:18:43 /OTHER)

面影ラッキーホール
(2007.08.26 / 22:14:44 /Orange Court)

かっこいいというのはこういうことだ。
(2007.08.26 / 21:55:52 /Orange Court)

FUJI ROCKなTシャツ:その9
(2007.08.26 / 21:44:31 /OTHER)

THE CHEMICAL BROTHERS

ブラックホールにでも突き落としてくれ!

 ケミカルブラザーズのアクトを堪能する前にすること。それは飯を食うこと。腹ごしらえだ。

 1時間半の持久走大会に参加するのならそれくらいしないと、たとえその体がお昼時の健康体であったとしても終盤にくたばるだけ。苗場食堂のとろろ飯をかっこみいざスタートラインへと向かう。

 丹念なライトセットアップを終えた定刻にエドとトムが静かに登場。しかし、静かな瞬間はその後なかなか訪れることはなかった。“No Path To Follow”から飛ばし、「おお! いきなりかよ!」の歓声を迎え入れる。実はこの後の流れの45分は先月行なわれたグラストンバリー・フェスティバルのときと同じセットリストなのである。イギリスに住んでいる友達からその時BBCで放送していたものをDVDで送ってもらい、それで本番までテンションをあげていたのだが、やはり“Galvanize”“Burst Generator”“Do It Again”“Get Yourself High”から“Hey Boy, Hey Girl”の流れは、本日最初にして最高の盛り上げをもたらす。

 この流れがわかっていた自分でも、アドレナリンの大噴火を抑えられないのだから、元々知らない大多数のオーディエンスのトランス具合いは計り知れない。その後も“Out Of Control”や“Star Guitar”といったヒット・チューンのオン・パレード。ミーハー気味な輩であっても騒ぎ踊らずにはいられない怒涛のケミカル・ワールドへといざなってくれる。モッシュビットは案外静かだったがPAブース横近辺ではビーチボールが投げられるはモッシュはするわダイブもするわの大騒ぎ。この渦に身を委ねながら、みんなが元気なうちにクライマックスに持っていってくれるありがたさって何なんだろうとふっと考える。出し惜しみをしなくても彼らには最後までオーディエンスを離さない自信があるのか。それにつけてニューアルバムのナンバーがまだ控えているんじゃないか? という期待感がふつふつと沸いてくる。満足の45分。幾秒かのの消音を挟んでさらに「まだやるか?」の第2幕が切って落とされた。

 第2幕は第1幕ほど常に突っ走るような感じはしなかったというか、強弱のメリハリを効かせ、それこそ最後まで飽きさせない展開。しかし、そこはやはり宇宙からの使者ケムズである。

 地球人、無論、日本人を手玉にすることくらい簡単なものなのか、“We Are The Night”で再度最高潮の波をもたらす。こちらはノリノリで、またモッシュビットでないところであってもダイブやモッシュが起こる始末であるが、なぜか肝心のエドのテンションがなかなか上がっていないよう。トムはいつものようにうねるようなダンスを見せながらミキシングに精を出しているが、エドはたまにのそのそと歩いては手を上げオーディエンスをあおるマイペースなアクト。しかし、彼の最高潮も訪れた。それは第2幕の最後、オーディエンスも同時に最高潮を迎えたときであった。いきなりジャンプしキーボードを叩く。これが急だったものだから何がきっかけでこうなったかは正直わからない。ただ、そのときの心境は巣立つ子供を見届ける親ツバメのようにようやく私たちと同じ気持ちになれたね、と。

 アンコールは短く15分。最後は二人そろってのミキシングで終了。アンコールを要求する手拍子の最中にスタッフがひとつの箱を運び込むのを見てこの終わり方はある程度予想できた。でも、予想通りきたときの"エッヘン、どうでい!"と上から見下ろす気持ちもまたをかし。

 1時間40分の持久走大会を終えた私は、このフジ・ロック初めてのビールに手を伸ばした。ダイブの流れ弾でひじ打ちをくらい、その際に片目のコンタクトレンズが割れてしまったのだが、そんなの笑い飛ばせるくらい爽快な空間がそこにはあった。


Set list-原文のまま-

No Path to Follow
Galvanise
Burst Generator
Do It Again
Get Yourself High
Hey Boy Hey Girl
All Rights Reversed
Krafty Numbers
Out of Control
Don't Fight-Control
Temptation
Star Guitar
Surface to Air
Under The Influence
Saturate
Believe
We Are The Night
The Golden Path
Chemical Beats

encores
The Sunshine Underground
Das Splegel


Reported by komo (2007.07.30 / 01:22)