アヴァロンの巨大ひまわり
(2007.08.26 / 22:57:49 /Gypsy Avalon)

FUJI ROCKなTシャツ:その4
(2007.08.23 / 22:25:22 /Gypsy Avalon)

朝霧JAMで会いましょう!
(2007.08.05 / 20:33:56 /Gypsy Avalon)

音楽よりも環境問題
(2007.08.05 / 13:37:57 /Gypsy Avalon)

黄金の手
(2007.08.01 / 22:12:41 /Gypsy Avalon)

SIBERIAN NEWSPAPER
(2007.08.01 / 21:58:04 /Gypsy Avalon)

黄金の手
(2007.08.01 / 20:28:31 /Gypsy Avalon)

YoLeYoLe
(2007.08.01 / 16:57:42 /Gypsy Avalon)

bobin
(2007.08.01 / 01:46:57 /Gypsy Avalon)

monocism with 沼澤尚
(2007.07.29 / 22:14:38 /Gypsy Avalon)

JONAH MATRANGA
(2007.07.29 / 22:13:25 /Gypsy Avalon)

SIBERIAN NEWSPAPER
(2007.07.29 / 20:32:38 /Gypsy Avalon)

【NGOヴィレッジ】MAKE SOME NOISE
(2007.07.29 / 20:19:24 /Gypsy Avalon)

FUJI ROCKサンダル!?
(2007.07.29 / 19:06:39 /Gypsy Avalon)

フジメシュラン〜もう一つの豚肉編〜
(2007.07.29 / 18:43:38 /Gypsy Avalon)

黄金の手

色気と無邪気さと

 自分らのことを知っている中でのライブはそりゃ楽しいんでしょうが、知らない人ばっかりの中でやるライブも、もしかしたらそりゃぁ楽しいのかもしれないと、奔放に、そして子供のようにはしゃぐ黄金の手のボーカルReinaを見ているとそう思わずにはいられなかった。

 彼女自身には、女の色気と子供の無邪気さを感じるけれど、その歌声は、悲しみや憎しみなどの抑えきれない気持ちを持ち合わせているように痛みを伴っている気がした。このバンドにはアコーディオン奏者がいるのだけれど、Reinaが奏でる歌はこのアコーディオンの仕組みに近いのかもしれない。まるで心のジャバラを縮めたり伸ばしたりしてさせて声を出し、歌にしているようだ。そんな彼女にやはり引き込まれているのは、彼女たちの音楽に初めて触れた人たち。お客さんの心をグッっと引き付けた喜びが、全身からあふれていた。

 新曲“夜明けの尾根”という曲が演奏されたが、ここアバロンで歌うために作ってきたのだとか。この曲は9月26日に発売されるアルバム『石ころ』に収録予定なのだそう。さなぎから今まさに孵化していて、艶やかな羽を伸ばしつつある彼女の歌に一度触れてみていただきたい。


Reported by gorikka (2007.08.01 / 20:28)