MY BLOODY VALENTINE

地球に生まれてよかったーーーっつ!!

 間違いなく伝説が生まれた。ラストの「You Made Me Realise」の20分以上は続いたかと思われるフィードバックノイズは、苗場を包み込み、観ていた数万人を異空間に持っていった。いや、本当はもっと冷静にレポートしなければならないかもしれない。『LOVELESS』の曲たちがほぼ原曲のイメージ通りに演奏されたとか、ビリンダのミニスカにブーツは萌えたとか書くことはいっぱいある。「Only Shallow」も良かった。「Soon」も素晴らしかった。だけども、それをすべて「You Made Me Realise」が持っていってしまった。90年代の名盤と呼ばれる『LOVELESS』の曲がまるで前座扱いのようだった。

 グリーンステージのヘッドライナーがこのようなフィードバックノイズのみを20分以上も放出したことなどあるだろうか? それはまさに別世界の体験だった。

 マイ・ブラッディ・ヴァレンタインは、ジーザス&ザ・メリーチェインの影響を受けて、ギターノイズと甘いメロディを融合させたバンドとして始まったのだけど、マイブラはノイズを美しく鳴らすことに成功したバンドであり、ライド、LUSH、スローダイヴなどたくさんのフォロワーを生んだ。それがやがてモグワイという完成形をみるのだけど、この日のグリーンステージのマイブラを目撃した人たちは、「本家」のすさまじさを思い知らされたのではないだろうか。「You Made Me Realise」の歌の部分が終わって、ギターノイズが始まったとき、みんなはどう思っただろうか? それが10分、20分と続いたときどう思っただろうか? ある人は歓声を上げ、ある人は茫然と立ち尽くす。ある人はグリーンステージから去っていき、ある人はこのノイズが永遠に続けばいいと願う。

 寄せては返す波のように起伏ある轟音が心地よくグリーンステージを覆い尽くし、この場所が、日本の新潟県の苗場高原でなく、宇宙のどこかへ連れ去っていったのではないだろうか、というか、そうした時間や空間を超えた何ものかであったような感じだった。空を見上げれば星が輝いている。雲が切れたということもマイブラがもたらした奇跡のように思えてくる。ノイズが波のようにうねったとき、ライティングのパターンが変わったときにステージ前を埋めたお客さんたちが全身でノイズを浴びるかのように両手を挙げてそれに応える。そして、ノイズが終わって歌に戻ると、自分は大きな声で叫んでしまった。あまりにも壮絶なライヴにアンコールはもはや必要がなかったのだ。  

photo by Izumi Kumazawa






The official site



My Bloody Valentine


http://www.myspace.com/mybloodyvalentine

check 'em? -->check 'em? -->My Space / iTunes






The latest album


My Bloody Valentine

"Loveless"

(UK import / US import / US import - '12analog / UK import)


previous works




"Isn't Anything"(UK import / US import / US import - '12analog)

"Tremolo [Single]"(UK import / US import)

"Glider [EP]"(US import)

"You Made Me Realise [Single]"(UK import)

"Feed Me with Your Kiss [Single]"(UK import)

"Ecstasy & Wine"(UK import - '12analog)

... and more



check the albums?






Reported by nob (2008.07.26 / 00:05)

  • Amazonで関連商品を買う