PRIMAL SCREAM

さて、昨日に引き続き登場なのだが

 菊地成孔ダブ・セクステットが終わって、オレンジコートから各ステージを眺めながらグリーンステージに向かったのだけど、ヘブンのリー・ペリーは結構人が入っていた。ホワイトのゆらゆら帝国はかなり人で埋まっていた。レッドマーキーのCSSは外まで人が溢れていた。そして、開演前のグリーンステージはスカスカだった。これはやっぱり急遽出演のせいなのか。プライマルが2回やるから1回でいいやと考えるか、2回も観ることができるからラッキーと考えるか。やっぱりホワイトステージトリのザ・ミュージックに行っているのかな(で、実際大混雑だったそうだ)。

 午後の大雨のせいで、グリーンステージの一部はぬかるみ、水溜りもできている。いろんな意味で人が集まりにくいシチュエーションであることは確かだ。だけど、ライヴが始まるころにはだんだん人が集まり、最終的にはそれなりの人数になったといっていいだろう。

 「Accelerator」でライヴはスタート。基本的には前日のライヴの曲順入れ替え+「Kill All Hippies」「Miss Lucifer」あたり。、昨日と同じくCSSからLOVEFOXXがゲスト参加してボビーとデュエットする。ボビーやマニやイネスの表情を見ると、リラックスして楽しそうに演奏している。たまにイネスはサポートのバリーを指導するように話しかけたりしている。若手を育てるというのもスクリームチームの役割という感じか。

 アンコール1曲目は「Loaded」!!マラカスを持ってクネクネ踊るボビーが久しぶりに見られた。そして「Can't Go Back」、そして「Rocks」。ボビーが煽っているのだから、もうちょっと大合唱で返してあげればいいのにな。確かにステージ前では、みんな手拍子していたし、やっぱりプライマル好きだし、出るからには楽しんでいこうという人たちが少なからずいたわけだけど、もうちょっと盛り上がってもよかったのになぁ。

photo by MASUYO HOYA






The official site


Primal Scream


http://www.primalscream.net/


check 'em? -->MySpace / iTunes





The latest album


Primal Scream

"Beautiful Future"

(国内盤 / US import / UK import - Limited Edition)


The latest single


Primal Scream

"Can't Go Back [Single]"

(UK importUK import - '7 analog)



previous works





"Riot City Blues"(US import / 通常盤 / 日本来襲記念盤)

"Dolls (Sweet Rock N Roll)"(UK import - 7' / UK import - Pt2 / UK import)

"Country Girl [Single]"(UK import / UK import)

"Dirty Hits"(
UK import(Limited Edition Bonus Disc) / UK import / 国内盤 (DVD付き限定盤) / 国内通常盤)

"Shoot Speed (More Dirty Hits)" (国内盤のみ)

"Evil Heat"(US import / UK import / 国内盤)

"Xtrmntr"(US import / UK import / 国内盤)

"Live In Japan"(国内盤)

"Screamadelica"(US import / UK import / 国内盤)

"Give Out But Don't Give Up"(US import / UK import / 国内盤)

"Vanishing Point"(US import / UK import / 国内盤)

"Echo Dek"(UK import / 国内盤)

"Sonic Flower Groove"(UK import / 国内盤)

"Primal Scream"(UK import / 国内盤)

他多数








check the albums?



Reported by nob (2008.07.27 / 23:28)

  • Amazonで関連商品を買う